帝京大学薬学部 研究業績 | English
環境衛生学研究室

研究室紹介
「環境物質に対する細胞応答としての遺伝子発現とその分子機構」を研究テーマとし、環境物質に対する生体応答機構の解明およびそれに基づく健康影響評価法の確立を目指しています。環境物質によって細胞内では様々な遺伝子の発現レベルが変動し、細胞の運命が決定づけられます。現在とくに亜鉛やカドミウムなどを用いて、必須・有害重金属による遺伝子制御機構の解明を目指していますが、細胞における必須重金属濃度の制御や、毒性の抑制に関わる様々な遺伝子群が特異的かつ協調的に変動するメカニズムを知るとともに、その過程で得られる有用な方法論を他の環境物質の解析に生かすことができます。細胞中で起こっている「環境物質に対する未知の応答機構」を発見し、有用な薬剤の開発や病気の予防法の開発につなげていくことが私達の夢です。

教職員
教授 大塚文徳
助教 下山多映
助教 長田洋一
研究員・大学院生