板橋キャンパス移転により改組

2012年から
現在までの
研究室名

現在の板橋キャンパスの部屋番号











10

生体分子化学
 2018年度改称
(旧基礎化学)

1001

物理化学

1002

医薬品分析学

1003

臨床分析学

1004

薬化学

1013

創薬化学

1014

有機化学

2017年度まで設置

代謝化学
 2018年度より

1015

創薬資源学

2013年度まで設置












病態分子生物学

901

基礎生物学

902

環境衛生学

903

生物化学

904

毒性学

916

細胞生物学

2017年度まで設置

衛生化学

918












分子薬剤学

801

薬物治療学

802

物理薬剤学

803

病態生理学

804

生体防御学

813

薬物動態学

814

薬物送達学

815












薬剤疫学

2016年度まで設置

医薬情報学
 2017年度より

701

薬効解析学

702

医薬品作用学

703

人体機能形態学

704

実務薬学

718

臨床薬剤学

719

製剤学

720

9

地域医療薬学
 2018年度より

917












薬学教育研究
センター

711

実務実習研究
センター

411

実習演習教育
研究センター

413

大講座制導入により改組

2002年から
2011年までの
研究室名

相模湖キャンパスの階数

現在の板橋キャンパスの部屋番号






生物化学

2号館
6階

904

生理化学I

2号館
7階

704a

生理化学II

2号館
7階

704b

がん生物化学

2号館
3階

2017年度まで細胞生物学として設置

生命プログラム

1号館
3階

902ab






薬化学

2号館
4階

1013

創薬化学

2号館
4階

1014

創薬資源学

薬用植
物園棟

2013年度まで設置






薬品分析学

2号館
3階

1003/
1004

生物物理学

2号館
1階

1002/
1001a

情報化学

1号館

1001b





I

薬理学I

2号館
7階

703

薬理学II

2号館
7階

702

病態生化学

2号館
6階

901

臨床分子生物学

2号館
6階

804

医療生命化学

2号館
7階

813/413





I
I

薬物治療学

2号館
地下

802

生物薬剤学

2号館
3階

815/720

薬物動態学

2号館
3階

814

臨床薬学

2号館
4階

719

物理薬剤学

2号館
2階

801/803

医薬情報学

2号館
4階

902c






衛生化学

2号館
5階

918

毒性学

2号館
5階

916

環境衛生学

2号館
5階

903







教育センター

2号館
2階

711a

基礎教育センター

2号館
2階

711b

実務実習研究
センター

板橋キャンパス

411

実務実習環境
整備室

板橋キャンパス

718

創立時の研究室名

1977年から2001年までの
研究室名
現在の板橋キャンパスの部屋番号

2号館7階

薬品化学

813/413

薬理学

703/702

生理化学

704

2号館6階

臨床生化学

804

生物化学

904

微生物学

901

2号館5階

裁判化学

916

衛生化学

918

環境衛生学

903

2号館4階

生薬学

2013年度まで創薬資源学として設置

薬品製造化学

1014

薬化学

1013

2号館3階

薬剤学

815/720

薬品分析学

1003/
1004

2号館2階

薬品物理化学

801/803

2号館1階

生物物理学

1002/
1001a

2号館地下

RI中央実験
施設

802

1号館

化学

1001b

生物学

902b

物理学

902a

薬用植物園棟

薬用植物園

2013年度まで創薬資源学として設置

図書館棟

医薬情報
研究施設

・研究室の大まかな推移について、改組時の講師以上の先生方の所属に基づき作成しました。
・それ以外の時期と助教以下の先生の個々の移動は反映していません。
・/は複数の研究室への分離、a-cは複数の研究室の合併が行われたことを示します。
・短期間には、上記と一部異なる研究室構成だった時期があります。



| Home |